FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2014年02月  】 

拍手コメントお返事です(*^_^*)

未分類

2014.02.26 (Wed)

拍手コメントのお返事遅れてしまって済みませんm(_ _)mコメント楽しく拝見させて頂いています♪maya様^^コメントありがとうございます^^第一部より第二部の方が大分長くなってしまうと思うので・・・笑そうですね、私も是非この二人の事は幸せにしてあげたいと思うので^^今後ともよろしくお願いします(^o^)ゆみきち様^^コメントありがとうございます^^私も司は大好きなんですが・・・まだまだ彼のことは幸せにしてあげら...

PageTop▲

ずっと好きだったなんて恩着せがましい

番外編~愛さずにはいられない~

2014.02.24 (Mon)

幻が俺に微笑みかける。幻が俺に何かを訴えかける。幻が俺の前で悲劇のヒロインを演じてみせる。__君は、一体俺に何を伝えようとしているんだ?そう聞くと、君はいつも笑顔ではぐらかす。__じゃあ、君は一体何者で、何の因果で俺の前に現れたんだ?そう言うと、君はいつも少し悲しそうな顔になって静かに首を振る。__ゆっくりでいいんだよ、俺は君のことを待っているから。いつの日からだったか疲れたときや、どうしようもな...

PageTop▲

番外編2本完成しました。

更新のお知らせ

2014.02.23 (Sun)

番外編が2本完成しました。一つは類視点からのお話。もう一つは司視点からのお話です。1本は明日の0時に配信を考えていますが、もう一つの方は第三章のどこかで・・・と考えております。『愛さずにはいられない』では目立った登場の無かった花沢類ですが、番外編での類は私個人として非常に気に入っております。思ったよりも綺麗にまとめられたので、ほっとしました。当初プロットにしたためていたものとは全く別の話になってし...

PageTop▲

「愛さずにはいられない」第一部終了です。

愛さずにはいられない

2014.02.20 (Thu)

「愛さずにはいられない」第一部終了です。第一章・二章はどうでしたでしょうか?楽しんで頂けたら幸いに思います^^第一部はひたすら暗くて思い話なのでこの小説に果たして需要があるのだろうか・・・・と悩んでいたのですがみなさまが下さるコメントが私の支えになっています。いつもありがたいコメント、本当に光栄です!第二部もプロットはだいたい出来ているのですが、全く書きためが出来ていない状況です。なので10日ほど...

PageTop▲

愛さずにはいられない 39

第二章 軽蔑していた愛情

2014.02.20 (Thu)

「この!!!ヤブ医者が!!!!!」巧はウイスキーの入ったグラスを思い切りテーブルに叩きつける。ここは、あるマンションの一室。巧の侮辱ともとれる発言に米神に青筋を立てているのは、この部屋の持ち主、西門祥一郎だった。「おっ・・・・おま・・・・・いー加減にしろよ!いきなり人の家に来て年代物のウイスキー開け始めるだけでは飽きたらず、ヤブ医者だと?誰に向かって口聞いてんだよ!誰に!!!」「うるせえ!えっらそ...

PageTop▲

愛さずにはいられない 38

第二章 軽蔑していた愛情

2014.02.19 (Wed)

つくしはすぐに司の元に行く気もせず、適当に見つけた公園のベンチで一人佇んでいた。何をするわけでもなく、どこを見つめるわけでもなく、ただ心に疼く孤独を噛みしめながら。どのくらい、そうしていただろうか。不意に、ポツリ、ポツリと雨が降ってきた。激しい雨、というよりは雨粒の一粒一粒が重く、どこか気だるそうな降り方をする雨だった。_____もう、行かなくちゃ。そうは思っても、なかなか体は動かなかった。体が鉛...

PageTop▲

2月18日の更新お休みします。

更新のお知らせ

2014.02.18 (Tue)

アップしようと思っていた38話なんですが・・・・書き終わって読み返すと何かプロットの構成と違うな・・・・と。先ほど全消去し、書き直しです泣あと2話で終わるんですけど、物語的には非常に重要なシーンなので、おざなりにしたくなくて。明日がんばってアップしようとは思うのですが・・・・もしかしたら明後日になってしまうかもしれません。その時には2話連投したいと考えています。そしてあと二話で私の中では第一部が終...

PageTop▲

愛さずにはいられない 37

第二章 軽蔑していた愛情

2014.02.17 (Mon)

巧に連れられ向かった先はホテルのラウンジ。時間帯も時間帯だったのか、ラウンジに人気はなく、つくしと積もる話がある巧にとっては好都合な場所であった。巧はラウンジのソファーに腰掛け、おもむろに話を切り出した。「お前________今までどうしてた?電話もメールも繋がらないし、心配してたんだぜ。」「それは____悪かったと思ってる、けど。あたしはただ、東城さんの大事な時間をあたしなんかのために割いてほし...

PageTop▲

2月17日の更新時間変更のお知らせ

更新のお知らせ

2014.02.16 (Sun)

す・・・・すみません・・・・・近々アップ予定の短編に予想外に時間を掛けてしまい、本編が進んでおりません・・・・なんとか明日中にはアップさせたいのですが、0時の更新は無理っぽいです。あと3話ほどで第二章は終了するのですが・・・・楽しみにしてくださっている方、もうしわけありません。明日アップ出来なければ、別の日に一気に二話更新を・・・・と考えています。とりあえず今日は37話の執筆、頑張ります!...

PageTop▲

愛さずにはいられない 36

第二章 軽蔑していた愛情

2014.02.16 (Sun)

異例中の異例だった。前プロジェクトの重役会議に一秘書が同行することなど。巧には司の真意はよく分かっていなかったがここ一週間、全くの音信不通になってしまったつくしに面と向かって会える機会を作ってくれたことには感謝せざるを得なかった。前プロジェクトの重役会、というのは言ってしまえば取引先の御偉方への単なる挨拶回りではあったのだが。巧は司とさしさわりのない話をしながらも司の傍にピタリと寄り添うつくしのこ...

PageTop▲

前月     2014年02月       翌月

Menu

プロフィール

いよ

Author:いよ
いよと申します。

ランキングに参加しています。ポチッと協力お願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 二次小説

月曜日と金曜日の更新お楽しみに♡♡♡

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR