FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2014年03月  】 

花沢類!Happy Birthday!!

愛さずにはいられない

2014.03.30 (Sun)

るいるいはぴば(∩´∀`∩)F4の誕生日は全員お祝いしようと思ったのにいつも美作さんの誕生日だけ忘れちゃう笑いつか全員のお誕生日SS書いてみたいなあでもこの4人ってプレゼントで欲しいものとかあるのかなあ何か欲しいと思ったものはなんでも手に入れてそう笑道明寺に関してはつくしちゃんが「道明寺、誕生日プレゼントは何がいい?」とか聞いたら「牧野がいい♡」って答えるんでしょうね確実に。笑うーんそしたらつくしちゃん何て...

PageTop▲

明日明後日の更新お休みします。

更新のお知らせ

2014.03.29 (Sat)

今日明日明後日の更新お休みします。リアルの生活でただ今人生の中で今までに無いほど落ち込むことがありまして。PCに向かう気力と体力がございません。更新楽しみにして下さってる方にはほんとに申し訳ないのですが3日間ほどは創作する元気が出ないと思うので。3日後に立ち直ってればいいのですが・・・笑出来るだけ早く「愛さずにはいられない」第四章に進みたいと思うのでなるべく頑張ります。よろしくお願いします。m(_ _)m※...

PageTop▲

愛さずにはいられない 55

第三章 愛さえあれば

2014.03.28 (Fri)

視覚より一瞬早く聴覚の方がその働きを示した。パタパタと誰かが出入りする足音と共に聞こえるドアの開閉の音。釣られるように徐々に眼を開いていくと辺り一面に真っ白な景色が広がる。「____む?____せんむ?」「専務」という単語が中々自分に繋げられない。目を覚ました自分の元に飛び込んできたのはこの声の持ち主___司の第一秘書の横川だ。全て白で統一された風景に独特の薬品の匂い。それに自分の血管から繋げられ...

PageTop▲

愛さずにはいられない 41~54話まで加筆修正!

更新のお知らせ

2014.03.27 (Thu)

最後の加筆修正が終わりました^^...

PageTop▲

31~40話まで加筆修正!

愛さずにはいられない

2014.03.27 (Thu)

31~40話まで加筆修正です!明日は最後の加筆・修正と55話の配信を予定しております♪...

PageTop▲

21~30話まで加筆・修正!^^

更新のお知らせ

2014.03.25 (Tue)

21~30話まで加筆・修正いたしました。明後日までには54話までの修正、終わりそうです!^^「愛さずにはいられない」はまだ続きそうですが、新連載の構想なども浮かんできたり・・・色々馬力かけて頑張りますのでよろしくお願いします(*^_^*)...

PageTop▲

11~20話加筆修正!^^

更新のお知らせ

2014.03.25 (Tue)

11~20話加筆修正しました。例によって新しく加えた所などございますのでよろしければどうぞ^^昨日さぼってしまったので今日中に21~30話の加筆・修正もやってしまおうと思います^^よろしくです♪...

PageTop▲

「愛さずにはいられない」1~10話まで加筆修正

愛さずにはいられない

2014.03.24 (Mon)

「愛さずにはいられない」1~10話まで加筆修正しました^^すみませんm(_ _)m私の文章力がないばかりに皆様には読みづらい箇所・誤字脱字等々がありましたことお詫びします。第一章はこのお話を思いついてからガーッと勢いで書いてしまっていた部分もありましたので、皆様に不備な点が多々あったのではないかと申し訳ない思いでいっぱいでございます。あ、一応ただ修正するだけでなく新しく加筆したところもありますので再読し...

PageTop▲

拍手コメントお礼です!^^

愛さずにはいられない

2014.03.22 (Sat)

拍手コメント、返信が遅れてしまってすみませんm(_ _)m一つ一つ大変嬉しく読ませていただきました!本当にありがとうございます^^LUCA様^^コメントありがとうございます!初めまして!返信が滞っている間も何かと激励のお言葉を下さり大変支えとなっておりました。同じです!私もつかつくがなければ生きていけない身の上でございます^^一気読みして下さったんですか!わああああありがとうございますほんとに^^うちの坊ち...

PageTop▲

愛さずにはいられない 54

第三章 愛さえあれば

2014.03.22 (Sat)

早朝会議を終え、社に戻る頃にはますます雨足は強まっていた。専務室の窓ガラスには雨粒が強く打ちつけられ続け零れた水滴がガラスを伝って地上に落ちていく。中々気も晴れず溜まっていた決済をすぐに片付ける気にもならない。当然会議にも集中出来ずにほとんどの意見にYESと答えた記憶しかなかった。椅子に座り直し、軽く天井を仰ぎ目を瞑った司の脳裏にある一つのイメージが浮かぶ。自分が5年前に暴漢に刺されて以来定期的に...

PageTop▲

前月     2014年03月       翌月

Menu

プロフィール

いよ

Author:いよ
いよと申します。

ランキングに参加しています。ポチッと協力お願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 二次小説

月曜日と金曜日の更新お楽しみに♡♡♡

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR