FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 031234567891011121314151617181920212223242526272829302014 05

【  2014年04月  】 

拍手コメントお礼です♪

更新のお知らせ

2014.04.30 (Wed)

hanahana様^^コメントありがとうございます♪これからも当サイトをごひいきに笑お願いします!メイ様^^ああああ~お気持ちすごくすごく分かります~そうなんですよね!類つくの類じゃなくてつかつく←類が大好きなんですよ、わたしも♪確かに類には生涯独身を貫いてほしいかも。。。笑私にとってもつくしにとっても永遠の王子様なので、どこかにつくしといえどもくっついてほしくない気持ちはあります笑というか時たまつくしが羨...

PageTop▲

新連載「ガラスの林檎たち」スタート(ガラスの林檎たちをお読みになる前に必ず目を通して下さい)

更新のお知らせ

2014.04.30 (Wed)

ううう、「愛さずにはいられない」がまだ完結していないのにもかかわらず新たなお話に手をだしてしまいました・・・・。しかも暗い。超ドシリアスです。「愛さずにはいられない」を超えるシリアスなんてこの先書けるのだろうかなんて考えてはいましたが、恐らくは「ガラスの林檎たち」の方が扱っている題材など諸々重いです。深刻です。シリアスです。もちろんつかつくなのですが、このお話はつくしちゃんとそれ以外の人とのRの描...

PageTop▲

ガラスの林檎たち プロローグ

第一章 誰にも言えない

2014.04.29 (Tue)

「雫・・・雫、雫、雫・・・・。」厭らしく蹂躙する男の手に服従するかのように熱を帯びていく女の肢体。与えられるままの快楽に悶えながらも声を発することを許されていない女は喘ぐ声を抑えるように唇を噛みしめる。苦痛にも近い快感に顔を歪める女に気をよくしたのか男は僅かに口の端を上げ、笑みを作る。「__気持ちいいのか?雫。」ポタリ、と男の額から零れた汗が女へと伝い、一粒の雫となって零れ落ちた。その刹那、快楽か...

PageTop▲

愛さずにはいられない 68話お詫び。

更新のお知らせ

2014.04.27 (Sun)

昨日は大変失礼しました。半分しか書き上がっていないうちに投稿という読者の方に大変失礼な所業を。。。。お詫び?の気持ちを込めていつもより少し長めです。68話からは身体のリハビリはもとより心の方のリハビリも必要な雰囲気漂ってきますね・・・・。つくしは恐らく心的外傷後ストレス障害(PTSD)ですね。全ての記憶がまっさらな中で、この病は大変厄介なものですよね。つくしちゃんよりも司くんファイト!みたいな展開にな...

PageTop▲

愛さずにはいられない 68

第三章 愛さえあれば

2014.04.27 (Sun)

都心から少し外れたつくしの病院への自動車道は、夜7時という時間帯にしては珍しく空いているような気がした。自ら運転するのも久しぶりと言えば久しぶりだが、中等部の頃より身につけた技術はそう簡単には無くならないものだと改めて思い直す。だがしかし、どんなに飛ばしても後小一時間はかかりそうであり、どんよりとした空と同じく、司の心も中々晴れなかった。ここのところつくしのリハビリにかかりきりだったせいか気がつけ...

PageTop▲

愛さずにはいられない 67

第三章 愛さえあれば

2014.04.23 (Wed)

「悪かったな、時間取らせて。」司が腕時計に目を落としつつ、詫び入れた。カタン、と音を立て椅子から立ち上がり、飲み干した空き缶をゴミ箱へと放り投げる。缶は弧を描いて宙を舞い、目標に達した。それと確認すると、再び踵を返して類の方へと視線を合わせる。先ほどから真っ直ぐに自分を見据えていた類の瞳が、迷いを含んだ色へと変化していた。何か言おうとしていることが上手く言葉にならない、と瞳に書いてあるかのように類...

PageTop▲

愛さずにはいられない 66

第三章 愛さえあれば

2014.04.20 (Sun)

病棟から少し離れた玄関ホールのラウンジ。時間も時間で人気も少なく、込み入った話をするには最適な場所だった。適当な椅子に腰を下ろした司は、類が自動販売機で買ってきたであろう缶コーヒーを受け取り、ちょっとそれに口をつけると顔を顰めてテーブルに置き直す。そう言えば__いつだったか、どこか適当に選んで入った店のコーヒーの味に薄いだの不味いだの文句を付けてつくしに戒められたことがあった。あの時彼女は何と言っ...

PageTop▲

愛さずにはいられない 65

第三章 愛さえあれば

2014.04.17 (Thu)

パタパタ聞こえてきた足音が止んで、代わりにガラリとドアの開閉の音が聞こえた。その金属の擦れるような音に誘われるように振り向くと、そこには重役会議か何かで見かけるときと寸分違わぬオーラを纏った司の刺すような目線がある。相変わらずだな、と旧来の友を目の前にしても隠そうともしない威圧感に思わず苦笑してしまうが、その刹那、彼の傍らの車椅子の女性に、嫌でも意識が向いてしまう。思わず緩みそうになる頬を取り繕い...

PageTop▲

愛さずにはいられない 64アップ!

更新のお知らせ

2014.04.16 (Wed)

愛さずにはいられない 64話アップです!4日お待たせしたのに進展なくてすみません・・・まだ類、つくしとも会っていないという状態・・・お詫びの意味も込めて出来れば今日中にもう一話アップさせたいと考えています。やー、今の司の気持ちどんな感じなんですかねえ。気持ちが一からリセットされたつくしが再び類に取られそうだと思ってるのか。類に取られるもなにも、もうつくしが自分のものだとは一ミリも思ってないんでしょ...

PageTop▲

愛さずにはいられない 64

第三章 愛さえあれば

2014.04.16 (Wed)

___ミュンヘンで会ったきりだな___ つくしに会うのはおよそ半年ぶりのことだった。ほんの数日前に数年の海外支社での責務を果たし、日本へと帰国した類は本社での引き継ぎやなんかもそこそこに古くからの友人である___いや、友人と言うには荷が勝ちすぎているかもしれないが___牧野つくしを訪ねていた。しかし、過去につくしの住んでいたマンションからは既に引き払っていたようだったし、道明寺の秘書室へと連絡を入...

PageTop▲

前月     2014年04月       翌月

Menu

プロフィール

いよ

Author:いよ
いよと申します。

ランキングに参加しています。ポチッと協力お願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 二次小説

月曜日と金曜日の更新お楽しみに♡♡♡

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR