FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 06

【  2014年05月  】 

何かと更新滞ってすみません

更新のお知らせ

2014.05.24 (Sat)

ごめんなさいいいいいい更新も返信も何かと滞ってしまってます・・・・・・・。明日明後日(ほんとは今日も)お休みを頂いているんで更新頑張ろうと思うんですが・・・「ガラスの林檎たち」は最初の方なかなかつかつく風味じゃないから筆がのらないのなんのって・・・・ああああ早くつかつくがっつり書きたい書きたい「愛さずには~よりもずっと2人の想いは通じ合う作品になる予定なので笑早く書きたいです楽しみ楽しみ「愛さずに...

PageTop▲

愛さずにはいられない番外編更新!

更新のお知らせ

2014.05.22 (Thu)

前々から予告していた司サイドのお話です。ガラスの~は明日アップします。いつもすみません(T_T)...

PageTop▲

確かに恋だった

番外編~愛さずにはいられない~

2014.05.22 (Thu)

「_____で、今日はどんな理由で拗ねてんだよ?」三日に一度は必ず訪れる牧野の不機嫌日。流石にいきなりむくれてご飯は食べないだの、リハビリはしないだの突拍子もない我が儘を言うことは少なくなってきたが、一度拗ねてしまうとどうにも扱いにくく、非常に厄介だ。何とかして機嫌をとろうと出来るだけ宥めるような口調になるが、最近子供扱いするだのなんだのうるさい牧野にはそれすら逆効果のようで、軽く口を尖らせて抗議...

PageTop▲

今後の更新について 2

更新のお知らせ

2014.05.19 (Mon)

今後の連載についてたくさんのご意見ありがとうございました!!ごめんなさい返信が追いついていなくて・・・拍手コメントなどもたくさんいただいたので、どこかで一気にコメントのお返事とお礼をさせて頂こうと思っております(*^_^*)こんなにたくさんの人が読んで下さっているのだと思うと創作意欲も沸きますし、本当にすごく嬉しいです。意見の中で最も多かったのが『ガラスの林檎たち』をキリのいいところで終わらせてから、『...

PageTop▲

ガラスの林檎たち 7

第一章 誰にも言えない

2014.05.18 (Sun)

...

PageTop▲

明日から更新再開できます!

更新のお知らせ

2014.05.16 (Fri)

明日の更新半分まで書き上げたのでとりあえず明日はアップ予定です。そして「愛さずにはいられない」の更新をどうするかは明日もう一日考え結論を出したいと思います。意見くださったみなさん、ほんとにありがとうございました!...

PageTop▲

更新頻度について

更新のお知らせ

2014.05.13 (Tue)

ごめんなさい、やはり今月来月なかなかまとまった時間がとれなくて……明日にはアップする予定ですが…安定するまでもうしばらくお待ちください...

PageTop▲

「愛さずにはいられない」について

更新のお知らせ

2014.05.12 (Mon)

只今連載しているガラスの林檎たち、ですが始めたばかりということもあり、さらにつかつくっぽくなくて皆様からの受けが今ひとつ……?と思い悩み中です。ガラスの林檎たちのコメント欄でも愛さずにはいられない、の方の続きを読みたいとのお声が強く……とても嬉しく光栄なことですが、とりあえずガラスの林檎たち第一章だけでも終わらせてから、と思ってるのですが皆様からの意見をお聞きしたいです。今すぐに愛さずにはいられない、...

PageTop▲

ガラスの林檎たち 6

第一章 誰にも言えない

2014.05.11 (Sun)

何となく肌寒さを感じて恐る恐る瞼を開くと、隣で自分よりも早く意識を失い、泥のように眠り込んでいた貴之の姿はもう見えなかった。枕元の携帯で時間を確認すれば、目覚ましが鳴るほんの2分前。覚醒しきれていない脳を無理矢理奮い起こし、だるさの残る重たい身体をゆっくり起こして僅かの眠気を振り払うように首を左右に振る。アラームが鳴り出す直前に潔く停止させるともぞもぞとベッドから這い出し、そこかしこに放り投げられ...

PageTop▲

ガラスの林檎たち 5

第一章 誰にも言えない

2014.05.10 (Sat)

月がいつもよりも白く感じる。変に青ざめた、顔色の悪い病人のような満月だ。何もかもが暗闇に包まれている閉鎖的な空間の中で、その光だけが際立って美しく雫の目に映し出される。____月が___沈んでく___雫はそっと瞼を閉じて、貴之から与えられるままの愛撫に身を任せる。「____雫。___・・・・・・雫、雫、雫・・・・・・・。」発してはならない声の代わりに、少しでも想いが届くようにと回した腰に力を込めた...

PageTop▲

前月     2014年05月       翌月

Menu

プロフィール

いよ

Author:いよ
いよと申します。

ランキングに参加しています。ポチッと協力お願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 二次小説

月曜日と金曜日の更新お楽しみに♡♡♡

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR