FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←好き好き大好き超愛してる!☆ →ガラスの林檎たち 18
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
総もくじ  3kaku_s_L.png ガラスの林檎たち
総もくじ  3kaku_s_L.png お題シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 更新のお知らせ
  • 【好き好き大好き超愛してる!☆】へ
  • 【ガラスの林檎たち 18】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

短編

永遠プレッシャー

 ←好き好き大好き超愛してる!☆ →ガラスの林檎たち 18








「、、、道明寺って、どうしてあたしのこと選んでくれたの?」

「__ん?俺?」

「__うん、あんた。」

「何だよ、今更過ぎねえ?」

「__だって、たまにすっごく疑問に思うときがあるのに、今まで聞いてこなかったから、今のうちに聞いておこうかと思って。」

「今のうち?」

「まだ引き返せるうちに?かな、正しく言うと。」

「、、、てめ、俺の答え次第では今から引き返すのかよ。
相変わらずとんでもねえ女だよな、、、油断も隙もねえ。」

「__ねえ、あたしって美人?」

「んなわけねえだろ、鏡見ろブス。」

「だよね。でも、道明寺はかっこいいよ?
イケメンで、スタイルもいいし、肌もスベスベで、羨ましい限りだわ、ほんとに。」

「__/////な、な、なんだよいきなり。そ、そんなことわかってんだよ、い、い、いきなり不意打ちはずりーぞ」

「あっ!それ!!!」

「__、、、それ?」

「人が羨むほどの美貌もステイタスも財産も持っている人が、なんであたしなんかの一言で顔真っ赤~~~にさせるのかな?」

「ま、真っ赤を強調すんじゃねえよ!赤くねえし普通だし。」

「え~~~~~?耳まで赤くしといて、何をおっしゃいますかっ!!ほらほら~~~~!」

「わっ、やめろ耳はダメだ触んなマジで/////」

「あはは、更に真っ赤だよ?かわいい~♡ 」

「、、、調子に乗ってろ、やり返すからな。」

「どうぞどうぞ、耳ならご自由にお触り下さい。」

「言ったな?」

「あっ、まってそこは耳じゃない~~~
離せ離せ変態~~~~~~~!!!!ぁ、やだ、ばかやめてってばぁ、、、んぁ」

「お前だって背中と脇腹。十分弱いだろうが、あ?もっとやってやろうかこの。」

「~~んんんぁ、やめろってば道明寺ぃ~!」

ボコっ、ガンっ、バキっ

「い、、、ってぇ~~~~~~~!
、、、、こ、の暴力女~、マジでいてえぞ今のは。
いい加減俺へのDVはやめろよ、、、お前のせいで生傷絶えねんだよこっちは!!」

「何よDVって。
まだ結婚してないんだからdomestic(家庭的)じゃありません~~。
ただのViolence(暴力)です~、だ!」

「はん、巷にはデートDVという言葉があってだな、、、いやそれ以前にただのバイオレンスで威張んな!どっちにしろ暴力だろうが!」

「__ていうか、まってまって、話が逸れてるって。」

「__あ?」

「道明寺はあたしのどこがよくって付き合おうと思ったの、って話でしょ、あたしも言ったんだから言って! ほら、ほらって 」

「ああ、別に美人でもなくて、怒りっぽくてすぐに手が出るDV女で、おまけに口も悪くて、スタイルは幼児体型だし、胸はえぐれてるお前のどこがよかったのかって話だったな?」

「ちょっとストップストップストップ!!
何その悪口の羅列!!!えぐれてないし!これでも高校の時よりワンサイズはアップしたんだからね!!!!
そのほかは、、、、まあ、否定できない、けど、、、ううう、、、。」

「でも、お前の笑った顔は誰よりも可愛い、あと上目遣いな。これ最強。
ぜってえ狙ってるだろ、お前。」

「え?上目遣い??」

「//だ、だからその視線のことだろ///
誘ってるようにしか見えねえんだよ!!」

「さ?ささささ、ささ誘ってなんかない!」

「___ほんと無自覚天然は手に負えねえ、、、」

「?なんかいった???」

「なんでもねえよ、、、」

「でもでも、視線ならあたしだって弱いよ?」

「???」

「道明寺に上から覗き込まれたときとか、な、なんかすごいプレッシャー・・・・」

「プレッシャーってなんだよ、せめてドキドキする♡くらい言えよ。蛇に睨まれた蛙かよ。」

「あっ、めずらしく言葉はあってる!そしてその語尾にハートはやめて。気色悪い。」

「(ギロッ)混ぜっ返すな。」

「だってだってだって視線がエロいんだもん~。
な、なんか何を期待してらっしゃるのカナ~なんて、ハハ思ったりなんかして、すっごく緊張する強張る。」

「何ってナニだろ?そりゃ」

「ななな、ナニって////」

「ああ、さっきのに一つ追加。
エッチの時のお前が一番可愛いわやっぱ♪」

「え、だ、だからその視線がエロいんだってば!!」

「ばーか、男なんて基本みんなエロいだろうがEDじゃない限りは。」

「もうやだやだ。
高校の時にさ、あんたに押し倒されて泣いちゃったあたしに『待つわ。』とか言ってくれた男はどこに行っちゃったんだろ!
まさかそのエピソードごと忘れちゃったんじゃないの~?」

「いくらなんでも覚えてるっつの、、、危うく五年待たされるとこだったんだからな?」

「昔のあんたの方が全然純だったのは間違いないでしょ?」

「、、、」

「えーなにそのだんまりは~~」

「昔の方が純って、健全な高校生男子が純なわけねえだろ。むしろそっちの方がよっぽど不健全だからな?
あーあの頃一日何回お前とヤりたいって衝動我慢したと思ってんだよ。
少なくともお前、一日一回は俺の頭の中でめちゃくちゃにヤられてたかんな。」

「//よ、よくもそんなに恥ずかしい事をベラベラと、、、あ~もう、そんなこと考えてたのお!?あたしの中の清い思い出を汚さないでよバカバカバカ~!不潔だ、道明寺なんか。」

「だけど手は出してねえじゃん。
それというのも世界一深い俺様の愛ゆえだからな。
わかってんの?お前、どれだけ優遇された立場にいんのか。
しっかも、本当に四年も待たせやがって、、、。
あの水上コテージでヤっちまえばよかったと何度思ったことか、、、。」

「うぐ、まあ、まあまあ、約束の期間より一年は早まったということで、、、ハハハ」

「ハハハじゃねえよ、ったく。」

「でもさあ、不思議だよね?」

「、、、なにが。」

「だって、、、想像もしてなかったもん。
縁なんてそこら中にたくさんあるのに、その中でよりによって道明寺と出会って、お互いに好きになって、明日には籍入れてるだなんて。運命?ってやつなのかね。
明日には牧野じゃなくなって道明寺つくしだよ?うわ下の名前の貧相さが際立つ。」

「いいじゃねえか。
牧野が道明寺に変わるだけでも、ちょっとはマシじゃねえ?
確かに牧野つくし、って名前だけでド庶民だよな。」

「うるさいな~、人に言われると腹立つ。」

「俺は、、、少なくとも運命ってか、必然だと思ってる。
というか、そう思い込もうとしてた。
お前は、すぐにあっちへフラフラ、こっちへキョトキョト、だからな」

「ちょっと~!人を浮気者みたいに~~!!怒るよ!!」

「浮気者とかじゃなくて、マジで思ってんだよ俺は。
お前に捨てられたらどうしようって。多分生きていけなくなる。またお前が俺の前からいなくなったら、ってどうしようもなく不安になるときあったぜ。つか、余裕で現在進行形。
あ~~~これは女々しくなるから言わないつもりだったんだけど。」

「え~?嘘でしょ、初耳。」

「お前に何度これまで振られ続けて、捨てられてきたとおもってんだよ、、、普通不安になるだろ。」

「まったその言い方は語弊あります。
それじゃあ、あたしが悪女みたいじゃん (笑) 」

「いや、トータル的には悪女じゃねえ?」

「・・・その悪女との結婚に不安ない?大丈夫?」

「、、、むしろ俺の54回目のプロポーズをお前が承諾しなかったらもう強制的に拉致って監禁してた気がする。すごくする。」

「え、なにそれこわ
てか、回数数えてたの?こわいこわい」

「たりめーだろ。俺のお前への愛の深さを改めて実感したか?」

「愛の深さっていうか、それ怖いだけ。怖い。ストーカー。怖い。
でもだって、、、あんなプロポーズのされ方されたら断んないよふつー」

「ああ?」

「『俺の性格の拗くれ方と他人への八つ当たりはお前しか止められないし、お前が一生かけて更正させる必要がある。
お前がうんと言わないならそれを証明するまでだ。』」

「おい、何暗唱してんだよ」

「いやあ、本当にひと一人殺しかねないみたいな雰囲気で言われるから、他人に八つ当たられたらどうしようかとおもってハラハラだったからねもう。焦った焦った。それはもう、YESって言うしかないでしょ」

「それじゃあ俺が脅迫したみてえじゃん」

「まあ、それに近いカナ?なんて嘘。
本当はあたしもずっと結婚して一緒に居れたらなーって思ってたけど中々腹くくれなかったから、いいきっかけになった」

「有言は実行しろよ。」

「なになに?猛獣の旦那様を一生かけて更正させるって?
任せとけ、猛獣使いの本領発揮。」

「だーれが猛獣だよ。俺をいちいち動物に例えんなって」

「あはは、じゃあさ、道明寺?」

「__なに?」

「超月並みだけど、あたしのことも、幸せにしてね、一生かけて」

「それこそ俺の本領発揮だろ?
毎分毎秒毎時間幸せにしてやるよ、もう嫌だって泣くまで」

「ほんと?」

「おう、男に二言はねえ」

「じゃあ、あたしもプレッシャーに耐えつつ、毎分毎秒毎時間!幸せにしてあげる!」

「だから、何のプレッシャーだよ?」

「あんたのことが好きすぎて、どうしようもなくなっちゃうプレッシャー?ぷっあはは、また赤くなってるし。」

「うっ、うるせえな//てめえはいつでも不意打ちなんだよずりい女」

「ホントに大好きだから多分永遠にプレッシャーだわ、責任取ってよ」

「あ~~~~!!んな可愛いことばっか言ってんじゃねえよ!いま!すげえ襲いてえ、犯してえ、やりてえ!!」

「ば、ばか、結婚前夜に盛るなって。
明日早いからね、もう寝るからね、エッチは禁止。」

「、、、せめて触らせろ」

「やだ、その発言なんかアウト
はいはい、盛らないで、もう寝てよ、おやすみ司」

『司』

___たった三文字の言葉を発した瞬間、布団に潜り込んだ彼女の耳が僅かに赤くなったのは気のせいではないと思う。



、、、、すっげえ幸せ。なんだこれすげえ幸せ
__まったく、この女は一体どこまで自分を幸せにすれば気が済むんだ?と、幸せすぎて死んだりしないかと本気で心配になっている自分すら余計に幸せに感じたりもして。
既にぐうぐうと眠り込んでるつくしの頬をぎゅうっとつまんでそれから一言

「おやすみ、奥さん」

部屋の時計はぴったり午前0時を指していた。


にほんブログ村 二次小説

関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
総もくじ  3kaku_s_L.png ガラスの林檎たち
総もくじ  3kaku_s_L.png お題シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 更新のお知らせ
  • 【好き好き大好き超愛してる!☆】へ
  • 【ガラスの林檎たち 18】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

幸せ死するんじゃないのと思うぐらい、ラブラブな二人でした。
結婚前夜にこんな会話ができたら素敵ですよね。

暫くはこのハッピーシリーズでいくのはいかがですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆみきち様(*^_^*)



コメントありがとうございます~!!
ええwそうだったのですか、、気付かず誤字のまま返信してしまって申し訳ないです、、、笑
そして光栄なコメントもありがとうございます♪

いつも楽しく読ませてもらってます♪
平和でかわいいつかつくカップル大好きなのに気付けばこの路線に←笑
これからも遊びに行かせてもらいますねウフフ

みわちゃん様(*^_^*)

私も書いててとっても幸せでしたこの作品 笑
いつもコメントありがとうございます。
更新は結構気まぐれなので、シリアスな日もあれば甘甘な日もあると思うのですがどうぞ温かい眼で見守ってやって下さい♪

リゲル様(*^_^*)

コメントありがとうございます^^
シリアスは本当頭が切り替わっているときにバーーーっと書いちゃうタイプなんでなかなかに不定期で申し訳ないです、、、笑
先日コメント頂いて件に関しましては改めてメールなどさせて頂きたいと思います。
ご挨拶とお返事が遅れましたこと、大変失礼致しました。

これからもよろしくお願いします♪

マニス様(*^_^*)

初めまして&初コメありがとうございます!^^
ですよね!笑
私も最後結婚して幸せになって~てところまで原作で読みたかったです。笑
ガラスの林檎たち。一生はどうしても説明的になってしまうので、今はもどかしいかもしれませんが、、笑
頑張って進めていきますのでこれからもよろしくお願いします♪♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【好き好き大好き超愛してる!☆】へ
  • 【ガラスの林檎たち 18】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。